サカボン

webで読むサッカーの本=サカボン:初心者からサッカー・フットサルを楽しめる情報配信

ボールタッチの練習方法、コツについて

      2017/08/15

ボールタッチのサムネイル

こんにちは。いつもお読み頂きありがとうございます。

今回は「ボールタッチ」についてご紹介します。

サッカーは足でボールを扱いますが、これは思っている以上に繊細な感覚が必要とされます。ボールタッチはその足の感覚やバランス感覚を養うための練習です。

サッカーの基本にして最重要な「止める・蹴る・運ぶ」の土台作りの続きとして「ボールタッチ」の練習方法やコツに関することを解説します。

 ボールタッチについて

ボールタッチとは左右の足で交互にボールを踏むことです。

 

サッカーは「片足でいる状態」が意外と多いスポーツです。「歩いている時」も「走っている時」も一瞬片足になっていますよね。更にボールを蹴る時も片足です。ここでバランスが上手く取れないとキックミスをしてしまったり転んでしまうこともあります。

ボールタッチはこのバランス感覚リズム感覚を養う練習です。

 

踏み変えるだけなので簡単そうに思えるかもしれません。そうですね、慣れたら簡単です。小さいお子さんでもできます。

ただし「早く踏み変える」となると、少しコツが要ります。その練習方法や素早く行うコツを以下に紹介していきます。




ボールタッチの練習方法、コツについて

では実際にボールタッチを行う際のポイントを解説していきます。

※説明の中で出てくる「インサイド」などサッカー用語でがわからないものがあれば以下を参照にしてください。

関連記事:サッカー用語集

 

まずはゆっくり左右の足を入れ替える

転ばない様に足を何回も入れ替えてください。ボールに乗せるのは足の指の付け根くらいまでです。踏むというよりも足の指で掴むような感覚で行ってください。

慣れてきたらどんどん早く入れ替えてみましょう。

左足から

左足でボールタッチ

右足へ変えます

右足でボールタッチ

 

ジャンプしながら入れ替える

次はジャンプしながら左右の足を入れ替えます。これは主に足を入れ替える早さより、バランス感覚をつかむための練習になります。

この時、小さいお子さんだとボールに両足を乗せて転んでしまったりするので注意しましょう。

まずは1歩入れ替え。できたら「1・2!」、「1・2・3!」と数を増やしていきましょう。

ジャンプしながらボールタッチ

高く飛ばずに足だけを入れ替える

こちらはボールタッチの回数をより多くこなすための練習です。

ジャンプすると両足がボールから離れる時間が増えてしまうので足だけを瞬間的に入れ替えられる様に意識してやってみましょう。

この時つま先でボールを蹴ってしまわない様に注意するのがポイントです。

 

ここまでできる様になったら足の裏以外でもタッチしてみましょう。

片足は足裏、反対の足はインサイドでボールタッチ

少し難易度が高いですが、リズムとバランス感覚を意識して行ってみましょう。

 

アウトサイドでボールタッチ

右足のアウトサイドをボールの左側、左足のアウトをボールの右側、とタッチが変わるので体の使い方にも工夫が必要です。

 

 ボールタッチ:まとめ

いかがでしたでしょうか? これまで全くサッカーをやったことがない方、あるいは小さいお子さんにとってはこれだけでも意外と難しさを感じたかもしれません。

ただ、慣れるとすぐにできてしまうレベルでもあるので少しずつ回数や早さを変えてチャレンジしてみてください。

ボールタッチを行う時に意識したほうが良い点

ジャンプする時はふとももの前ではなく後ろ側(ハムストリング)を意識して使うように足を上げましょう。これはアクセル筋を使う意識づけの為です。

ふとももの前側の筋肉はブレーキ筋と呼ばれ、体の動きを止めたり踏ん張る時に使います。こちらの筋肉ばかり使っているとアジリティ(俊敏性)が上がりません。




 



※最後までお読み頂きありがとうございました!またいつもブクマやコメント、共有など応援して下さる方にも感謝です。励みになります!
※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。

 - 練習メニュー , ,