サカボン

webで読むサッカーの本=サカボン:初心者からサッカー・フットサルを楽しめる情報配信

家の中でできるサッカーの練習(キック・ヘディング):動画あり

 

この記事のカテゴリー:「 練習メニュー 」 一覧

家の中でサッカーのキック練習をしている写真

(画像:サカボンによる自作)

こんにちは。今回は家の中でもキックやヘディングの練習ができる方法を動画と合わせてご紹介します。

雨天時などグラウンドが使えない時でも、屋内・室内でインサイドキック、アウトサイドキック、インステップキック、また道具の位置を調整すればヘディングの練習もできます。

特にサッカーを始めたばかりの園児・小学生のお子様にもってこいの内容ですので、練習する時の参考にしてください。

※画像を多用しているのでお使いのデバイスや通信環境によっては表示に時間がかかる場合もあります。予めご了承ください。

部屋でできるサッカー練習の動画

家の中でもキックやヘディングの練習ができる方法」というタイトルの動画をYouTubeで公開しています。

まずはこちらをご覧ください。1分50秒で終わる短い動画です。

(よろしければチャンネル登録や評価👍もお願いします)

以下に動画の内容を画像と文字で解説していきます。

 

家の中でのキックやヘディングの練習で使う道具

家の中でサッカーのキック練習をするときの道具・突っ張り棒・ボール・ボールネット

(画像:サカボンによる自作)

最初に家の中でもキックやヘディングの練習ができる方法で使う道具についてご紹介します。

キック練習に使う道具は以下の3つだけです。

・ボール
・ボールネット
・突っ張り棒

ボールネットはスポーツショップで300円前後、突っ張り棒はダイソーなどの100均でも用意できます。もしボールネットを引っ掛けられる突起物があれば突っ張り棒はいらないかもしれません。

 

キック練習に使う道具の設置方法

ボールをキックしやすい高さになるようにボールネットと突っ張り棒の位置を合わせます。

ボールネットは長めの方が練習しやすいので、長さが足りなければロープや固めの紐で調整すると良いです。

 

室内で行うキック練習の方法

次にキック練習の方法について解説します。

前提として、ボールネットの説明書に「網が破けてしまうのでボールを入れて強く蹴らないでください」と書いてあるように本来はボールを運ぶための道具ですので、

あくまで「キック(ボールタッチ)の感覚を身につけるため」「正確なキックをするための足の当て方」の練習としてお使いください。

インサイドキック

家の中でサッカーのキック練習をしている写真:インサイドキック

(画像:サカボンによる自作)

しっかりと足の面でボールを捉えてインサイドキックをします。

 

インステップキック

家の中でサッカーのキック練習をしている写真:インステップキック

(画像:サカボンによる自作)

しっかりと足の甲にボールを当ててインステップキックをします。

 

家の中でサッカーのキック練習をしている写真:アウトサイドキック

(画像:サカボンによる自作)

足首に力を入れて足がぐらぐらしないようにしてからアウトサイド(くるぶしから足の小指の付け根までの間、足の甲の横)でキックします。

 

いずれのキックも左右の足で行い、ボールの真ん中を蹴るようにして正確なキックを身に着けましょう。

 

キック練習を行うときの注意点

家の中でキック練習を行うときの注意点を説明します。

まず、小さいお子様は特にトゥーキック(つま先蹴り)にならないようにしましょう。足の爪を痛めたり、足の指の怪我につながる恐れがあります。

次に、ボールが真っ直ぐ返ってくるようにキックしましょう。正しく蹴れていないとボールにスピン(回転)がかかったり、狙った所とは違う所にボールが行ったりしてしまいます。

最後に、屋内の練習ではふざけて強くボールを蹴って、壁や家のものを壊したりしないように注意しましょう。

この記事を読んだ人がチェックする他の記事

 - 練習メニュー ,