サカボン

webで読むサッカーの本=サカボン:初心者からサッカー・フットサルを楽しめる情報配信

小学生サッカーで勝利と育成を両立させるには【点で繋ぐパス練習】が必要?

   

こんにちは。いつもお読み頂きありがとうございます。

今回は、最近私が感じた【小学生のサッカーで「勝利」と「育成」を両立させるには『点でつなぐパスの練習』が重要ではないか】という話をします。

小学生サッカー:パスしている画像

先日あるクラブチームの大会をお手伝いしました。様々なリーグの1位から3位くらいまでのチームが参加する大会でしたが、そこで「上位チームと下位チームにある」の要因の1つに【パスの質】があると感じました。そこで今回はパスの中でも「点でつなぐパス」に主眼をおいて、何故それが大切なのかという話をしていきます。




 

 今回話す『パス』について

前置きになりますが、指導者ごとに持論があるので賛否両論あると思いますし、「小学生の内は徹底してドリブル練習だけさせた方が上達する」と考えるコーチもいるでしょう。

今回お話しするのはそうした「ドリブルとパスどちらの練習が良いか」という二元論ではなく、『パスの質』に関する内容になります。

もちろん「この練習さえしていれば試合に勝てる、上達する」といった単純な内容ではありません。

 

「点でつなぐ」つまり『人から人へつなぐパス』の大切さ

小学生(育成年代)のサッカーでは身体的な成長の差が試合にかなり影響します。

具体的には「足が速い」「身長が高い」「キック力が強い」などです。

たとえチームとしてはパスが雑でも、足が速い子がFWにいて、味方が蹴ったボールが相手ディフェンダーの裏に抜ければ、走り勝って得点チャンスが多く生まれたりします。いわゆる『個の力』で何とかなってしまう場面が多いのです。

 

ただし、これはある程度までのレベルの話です。

これが強豪チームとの試合になると、そもそもそのFWにボールが渡らない、また繋がったとしてもすぐに奪われてしまいます。

やはりチームとして『しっかりとパスをつなげる(=相手にボールを奪わせない)こと』が重要になってきます。

 

「点でつなぐパス」と「面でつなぐパス」

その『パス』には大きく分けるとでつなぐパス」でつなぐパス」があります。

「点でつなぐパス」とは「選手から選手」へつなぐパスで、
「面でつなぐパス」とは「仲間の選手が動くスペース」に出すパスのことです。

サッカーにおけるパスの種類:「点でつなぐ」「面でつなぐ」

レベルが高くなるほど相手ディフェンダーのプレッシャーがきつくなるため、それをかいくぐるためにも両方のパスを正確に行えるスキルが必要になってきます。

選手から選手への「点でつなぐパス」だけでは相手のマークを外すことは難しく、パスを受けた後はその選手がどうにかしなければならない、つまり結局は個の勝負になってしまうので、相手チームにとっては守りやすくなります。

 

これはヨーロッパの一流リーグでも度々見られます。

個人技に自信がある選手ばかり集めたチームでは、パスを出した後にスペースで受ける動きをあまりせず、味方から味方へパスはつながっているけど効果的ではない、いわゆる「ボールを持たされている」状態になっています。

 

もしこの様な時に「面でつなぐパス」ができると相手の先手を取ることができ、マークのズレを作ることもできるので、個の力では勝る相手にもチャンスを作ることができます。

 

「じゃあ、面でつなぐ(スペースに出す)パスを練習したほうが良いんじゃないの?」

 

という疑問が出てきそうですが、小学生(育成年代)の段階で、まだ味方へ正確なパスを送れないレベルの時にスペースに出すパスばかり練習しても、選手の『育成』に活きないというのが私の考えです。

それは何故か。

「スペースへのパス」というのは「味方へのパス」に比べ、若干アバウトに蹴ったとしても味方が追いつけば結果的に成功と言えます。簡単に言うとごまかしが効くということです。

ですが、味方へのパスは正確に蹴らなければなりません。

「味方へ」と言っても、その選手が欲しいのは右足か左足、どちらの足元なのかまで意識する必要があります。

 

最初にお伝えしたように、今回のテーマはチームの『勝利』と選手の『育成』、両方を考えた場合の話です。

目先の勝利だけを目指すのではなく、選手たちがより高いレベルでも戦えるように成長を考えると、普段から正確に味方につなげるようにパスを心がける、そしてその質を上げていくことが重要だと私は考えます。

質を上げるというのは「より速いパス」「ワンタッチパス」「プレッシャーがきつくてもミスをしない」といったことを意味します。

 

まとめ

試合前のアップなどを見ていても「なんとなく」パス練習をしているチームを見かけます。練習時のプレッシャーが少ない段階で正確さを意識していないのに、本番の試合でしっかり蹴られるようになるでしょうか。

『勝利』と『育成』の両面からチームを指導する場合は、まず日常の練習段階から狙った所にしっかりと蹴ることを選手全員に意識付けをして、味方の足元にちゃんとパスをつなげるようにする。

こうしておけば、更に上の段階を目指す時、例えばチーム戦術としてスペースにボールを出して人もボールも動かす『ムービングサッカー』を目指そうとする時にもスムーズに移行できるかもしれません。

パスについてはこちらの記事もどうぞ
関連記事:サッカーでパスミスを減らすために知っておくべき3原則




 

記事の著者紹介
札幌在住、元・育成年代対象のコーチを12年間していました
より詳しくは☞プロフィール
他のサイトも運営中☞Teaching Others


※最後までお読み頂きありがとうございました!またいつもブクマやコメント、共有など応援して下さる方にも感謝です。励みになります!
※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。

 - サッカー選手の「技」関連