サッカーで背番号1の意味、有名選手、役割

サッカーで背番号1の意味、有名選手(画像はサカボンの自作)

こんにちは。今回は「サッカーで背番号1の意味や有名選手」についてご紹介します。

「何でサッカーの背番号1はゴールキーパーなんだろう?」

「フィールドの選手が1番を着用できないのかな?」

そういった疑問にお答えします。また、1番の有名選手もご紹介します。

サッカーで背番号1の意味

通常、サッカーで背番号1はゴールキーパーを意味します。

これは何故かと言うと、19世紀頃にサッカーのユニフォームに背番号をつけることが試験運用された時にゴールキーパーから順番に番号を割り当てたことに由来します。

更に19世紀から20世紀初頭にかけて背番号制度が本格化した時、当時のサッカー界ではVフォーメーションという陣形が広く採用されていましたが、そこで使われた番号の割当がスタンダードになりました。

Vフォーメーションの背番号の割当は以下の画像の通りです。

サッカーのVフォーメーション(画像はサカボンの自作)

後ろのポジションから順番に

  • ゴールキーパーの1番
  • 右サイドバックが2番
  • 左サイドバックが3番
  • 右ハーフが4番
  • センターハーフが5番
  • 左ハーフが6番
  • 右ウイングが7番
  • インサイドライトが8番
  • センターフォワードが9番
  • インサイドレフトが10番
  • 左ウイングが11番

インサイドライトやインサイドレフトは今では存在しないポジションですね。現代のサッカーでは右インサイドハーフや左インサイドハーフが代わりでしょうか。

 

サッカーで背番号1はキーパー以外にも着られる?

実はJリーグでは背番号1はゴールキーパーのみ着用と決められているのでキーパー以外は着られません

Jリーグ規約 規程集の第6条「選手番号・チーム名・チームエンブレム」という項目によると

  • 選手番号は0は不可
  • 1をゴールキーパー
  • 2~11 をフィールドプレーヤー
  • 12 以降はポジションと無関係
  • 50 までは欠番を認める
  • 51 からは連番で番号をつけることとし欠番は認めない

と定められています。

こちらについては Jリーグ公式HP のメニュー欄にある「about J」をクリックすると「Jリーグ規約 規程集」があり、更にクリックした所にある「ユニフォーム要項(PDF)」に書かれているので、より細かい規程を知りたい方はそちらをお読みください。

 

 

では他の国ではどうかと言うと、1番をつけたフィールドプレーヤーが実はいます。

サッカーで背番号1をつけたフィールドプレーヤー

まず、元ギリシャ代表のパンテリス・カフェス選手はオリンピアコスとAEKアテネで1番を付けてプレーしました。

また、日本で 清水エスパルス、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ1969、町田ゼルビアの監督を務めたオズワルド・アルディレス氏は1982年のFIFAワールドカップスペイン大会にアルゼンチン代表として背番号1で出場しています。これは、当時の代表にエース以外の背番号はアルファベット順につけるという慣習があったことが理由です。

 

サッカーで背番号1の有名選手

サッカーで背番号1の有名選手と言えば、以下のような名キーパーの名前が挙がるでしょう。

  • オリバー・カーン(元ドイツ代表・元バイエルンミュンヘン)
  • ピーター・シュマイケル(元デンマーク代表・元マンチェスターユナイテッド)
  • ジャンルイジ・ブッフォン(元イタリア代表・パリ・サンジェルマン)
  • マヌエル・ペーター・ノイアー(ドイツ代表・バイエルンミュンヘン)
  • ティボ・ニコラ・マルク・クルトゥワ(ベルギー代表・レアルマドリード)

※所属クラブは2018年現在のもの

他にも偉大なゴールキーパーはたくさんいますが、特に有名な選手を例に挙げました。

 

サッカーで背番号1の歴代 日本代表選手

2018年の日本代表(森保ジャパン)ではベガルタ仙台所属のシュミット・ダニエル選手手が背番号1番を付けています。

歴代の日本代表選手では川口能活選手(J3 SC相模原)や楢崎正剛選手(J1 名古屋グランパス)、川島永嗣選手(ストラスブール:フランス)がいます。

まとめ

現代のサッカーでは背番号1は「守護神」「正GK」のものというのが一般的です。

国によってはサッカーでゴールキーパーが一番人気なので、1番がエースナンバーの10番に負けず劣らずの人気という所もあります。

コメント