サカボン

webで読むサッカーの本=サカボン:初心者からサッカー・フットサルを楽しめる情報配信

【ACL】浦和vs済州 エルボー事件と乱闘に対する処分決定

      2017/07/21

「why:何故」を表す画像

はじめに:一部のコメンテーターなどが済州側を擁護したり、浦和側に非があると言っていますが私には理解できません。そういった考えをお持ちの方には不快になるかもしれません。あらかじめご了承ください。

2017年5月31日に行われた、ACL(AFCチャンピオンズリーグ)決勝トーナメント浦和レッズ(日本) vs 済州ユナイテッド(韓国) で起こったエルボー(ひじ打ち)事件や試合に選手を追い掛け回したり、スタッフに暴力を働いた事件に対してAFC(アジアサッカー連盟)から処分が下されました。

事件を知らない方への参考記事:【ACL】浦和vs済州での暴挙・暴力事件について

その後、処分が軽減されました:【ACL】浦和vs済州 エルボー事件と乱闘の処分が軽減!

エルボー事件等に対するAFC(アジアサッカー連盟)の処分について

2017年6月9日、AFCは5月31日に行われた、ACL(AFCチャンピオンズリーグ)決勝トーナメント浦和レッズ(日本) vs 済州ユナイテッド(韓国)での乱闘騒ぎについての処分を下しました。その内容は以下の通りです。

済州側に対するAFCからの処分内容

  • 浦和の阿部選手にエルボーしたDF白棟圭(ペク・ドンギュ)選手に3か月の出場停止と罰金1万5千ドル(約165万円)
  • 退場処分後に乱闘に加わったDF趙容亨(チョ・ヨンヒョン)選手に6か月の出場停止と罰金2万ドル(約220万円)
  • 試合後に浦和の槙野選手を追い掛け回したDF権韓真(クォン・ハンジン)選手に2試合出場停止と罰金1,000ドル(約11万円)
  • クラブ(済州ユナイテッド)に対して罰金4万ドル(約440万円)

処分が確定されると、上記の2選手は自国のKリーグを含めた全ての公式戦出場停止、クォン・ハンジン選手は主催大会2試合に出場できなくなる処分とのことです。

AFCの処分に対する済州側の対応は

AFCの規律委員会(イエメン、サウジアラビア、イラン3名による懲戒委員会)が下した処分に対して済州側は以下の様な主張をしています。

  • 全体的に処分が重すぎる
  • 試合におけるジャッジが浦和寄りだった
  • 浦和の選手が挑発行為をしたことが悪い
  • 6か月の出場停止を受けたチョ・ヨンヒョン選手に対しては「処分自体が誤審」

そして処分を不服として異議申し立てを行うとしています。

※ちなみにチョ・ヨンヒョン選手は浦和の選手に対してだけでなく、審判を押したために処分が重くなったことが後に判明しています




 

しかし、AFCの処分はこれだけではありませんでした。

浦和側に対するAFCからの処分内容

なんと浦和側にも「乱闘に加わった者がいて試合の品位を落とした」との理由により罰金2万ドル(約220万円)が科せられました。これに対して浦和のクラブ関係者は「何が倫理規定に抵触したのか知りたい」と今後の対応のために『質問状』をAFCに提出することを決定しました。

当該国以外の反応(中国)

中国のスポーツメディア・騰訊体育はこの処分に対して以下の報道を行っています。

「済州側は浦和の選手が試合中に挑発してきたと話しているが、浦和の選手はルールに則った上でコーナーで時間稼ぎをしただけであって、済州の重罰は不可避である」

「“被害者”である浦和にも騒動を起こしたとの理由で2万ドルが科された」

【ACL】浦和vs済州 エルボー事件と乱闘に対する処分決定:まとめ

海外の一般ネットユーザーの反応をいくつか見ても、「済州側に対する処分が軽すぎる」といった論調が多かったです。また一部の韓国メディアでも「恥ずべき行為」と報道した所もある様です。

これらの件に対して済州の代表取締役は「選手のためにも国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)まで行く」と発言しています。まだまだ動きがありそうな事件ですが、今後このようなことが起こらないことを願うばかりです。

個人的には「スポーツの、そしてサッカーのあり方」という問題でもあるので、FIFAは何も言わないのかと疑問がありますね。

「相手に理由があるから暴力を振るってもいい(仕方ない)」というのはおかしな話ですし、報復行為により厳しく判定するFIFAのルールとも矛盾すると思います。




 

記事の著者紹介
札幌在住、元・育成年代対象のコーチを12年間していました
より詳しくは☞プロフィール
他のサイトも運営中☞Teaching Others


※最後までお読み頂きありがとうございました!またいつもブクマやコメント、共有など応援して下さる方にも感謝です。励みになります!
※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。

 - ブログ , , , , , ,