FW(フォワード)とは:サッカーにおける役割や魅力の解説

こんにちは。今回はサッカーにおけるFWの役割や魅力、楽しさについてご紹介します。

特に次のような方にとっては、ポジションごとの役割や魅力を知ることでサッカーがもっと楽しめるのではないでしょうか。

  • これからサッカーを始める方でどのポジションの選手になろうか迷っている人
  • サッカー観戦を始めたばかりなのでポジションごとの役割や魅力を知りたい人
  • 今までサッカーに興味がなかったので少しは詳しくなりたい人

サッカーのFWとは

まずは今までサッカーを知らなかった人や興味がなかった人のために、FWそのものについて簡単にご紹介します。

FWとは、相手ゴールの近くに位置を取るポジションです。

英語でforwardと書いたものを省略したのがFWで、フォワードと読みます。

ちなみに「forward」は「前方へ」「先へ」「外へ」という意味の英単語です。

昔(大まかに2000年代)は2トップ(=FWが2人いること)が主流でしたが、近年は3トップや1トップなど多様化しています。

FWの役割

主なFWの役割は次の通りです。

  • 攻撃時はなんと言っても得点を決めることです。積極的にシュートを打ちゴールを狙います。
  • 守備の時は前からプレスをかけることでボールを奪い返し、再度チャンスを作ることも求められます。

もっと詳しい解説:サッカーでは戦術について話す時、次の図のようにピッチを3つに分けます。

アタッキングサードの説明図

この図の場合だと、左側が自陣で右側が相手の陣地です

この内、主に相手のゴールに近いアタッキングサードで動きながら、攻撃時・守備時で次の役割を担います。

  • 攻撃の時:相手ゴールからの距離にかかわらず積極的にシュートを打ってゴールを狙う、もしくはパスで味方選手のゴールをアシストするなど、得点のチャンスを作る
  • 守備の時:自分の近くの相手選手(主にDF)にプレッシャーをかけることでボールを奪ったり、パスの出どころを限定させます

各ポジションについて、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

関連記事:サッカーのポジション・フォーメーション・役割について

ザバスのプロテイン ココア味1050g

【PR】ホエイプロテイン100 ココア風味 1050g

XEBIOで見る

Amazonで見る

FWの魅力とは

私が考える、わかりやすいFWの魅力は次の3つです。

  1. サッカーで一番の見どころ、すなわちゴールを演出すること
  2. 身長が低くても活躍するチャンスはある
  3. 高身長であればヘディングでのゴールも期待できる

以下、順番に選手としてプレーする時の魅力と、観客(ファンやサポーター)として見る時の魅力をご紹介します。

サッカーで一番の見どころ、すなわちゴールを演出すること

選手としてプレーする時の魅力:自分のプレーの出来次第で勝敗が変わってしまうという緊張感やプレッシャー、相手選手との駆け引き、ゴールを決めた時の達成感などが魅力です。

ファンやサポーターとして見る時の魅力:サッカーの一番の醍醐味と言えるゴールシーンへの期待感が魅力です。

サッカーをプレーする側としても、観戦する側としても、ゴールが決まれば嬉しいし興奮しますね。

身長が低くても活躍するチャンスはあるのが魅力

選手としてプレーする時の魅力:バスケットやバレーボールなど、他の球技の多くは選手に対して高身長を求めることが多いです。

例えば水球は、国際試合ともなると180cmでも身長が低い部類になるそうです(ポセイドンジャパン=水球の男子日本代表の志水選手による、2016年のインタビューより)。

しかし、サッカーは必ずしも高身長の選手だけが活躍しやすいとは限りません。

確かに最近ではGKやDFなど身長の高さを求めるチームも多いですが、FWはシュート技術やドリブル、足の速さなど、身長以外の武器があれば十分活躍するチャンスがあります。

例えばメッシ選手(169~170cm)やアグエロ選手(173cm)など、高身長でなくても一流選手がいますし、イタリアやアメリカで活躍したジョビンコ選手は160cmほどです。

このことは、特にこれからサッカーを始める子や、今がんばっている子で、そこまで体が大きくない子にとっては励みになるのではないでしょうか。

鍛えようがあるフィジカルと違い、身長というのは努力だけではどうしようもないですが、それにあまり左右されずに活躍の可能性があることもFWの魅力の1つだと思います。

ファンやサポーターとして見る時の魅力:低身長の選手は体格で他の選手に劣る分、テクニックやスピードに優れていることが多いです。プレーと体格、両方で目立つので見つけやすいです。例えば中島翔哉選手(164cm)やチャナティップ選手(158cm)のように、わくわくするようなシーンを演出してくれるのが魅力です。

高身長であればヘディングでのゴールも期待できる

選手としてプレーする時の魅力:もし身長が高ければ、それを活かして相手に競り勝ち、ヘディングシュートやポストプレーで得点のチャンスを作ることが可能です。多くの監督にとっても背の高い選手がいるのは戦術の幅が広がるので魅力的です。

ファンやサポーターとして見る時の魅力:チームが攻めていてもなかなかゴールが決まらない時は、FKやCK(=コーナーキック)などセットプレーからのゴールが期待されます。もしFWが高身長で空中戦に強ければ、ゴール前に高めのボールを入れることによるヘディングでの得点が期待できるので、応援するファンやサポーターにとっても心強いし魅力です。

有名なFWの選手・元選手

例を挙げればきりがないので、特に有名な選手と元選手をピックアップします。

今は動画でも簡単に見られる時代ですので、FWに興味を持った方はこれらの選手のプレーを見てみると良いですよ。

ペレ、クライフ、ファンバステン、ロナウド(ブラジル)、シェフチェンコ、クリスティアーノロナウド、メッシ、スアレス、カバーニ

メッシ レプリカサッカーユニフォーム 【2019モデル】 FCバルセロナ アウェイ 背番号10 子供用 大人用 上下セット

Amazon.co.jpでユニフォームを見る

 

まとめ

今回のまとめは以下の通りです。

  • FWとは主に相手ゴール近くに位置を取るポジション
  • 攻撃の時は積極的に得点を狙い、守備の時は前からプレッシャーをかける
  • 低身長、高身長、それぞれのタイプで違った魅力がある

ここに書いた以外にも人によって様々な魅力を感じると思うので、ぜひ見つけてみてください。

関連記事:MF(ミッドフィルダー)とは:サッカーにおける役割や魅力の解説

サッカーの知識・雑学
この記事をシェアする
サカボンをブックマーク・フォローする

この記事を読んだ人がチェックする他の記事

サカボン

コメント