サカボン

webで読むサッカーの本=サカボン:初心者からサッカー・フットサルを楽しめる情報配信

登山家に聞いた、遠征や合宿用にリュックを買うなら◯◯があるものを選ぶべき理由

   

こんにちは。いつもお読み頂きありがとうございます。

今回は登山が趣味の友人に聞いた【リュックサック(ザック・バックパック)を買うなら◯◯があるものを選ぶと体がの負担が減って良い】という話をご紹介します。

遠征や合宿など長距離移動する時にこれがあると体への負担が減り比較的楽に歩けます。

リュックサックを背負う男性

 

大人ももちろんですが、特に育成年代(幼児~小学生)の様に比較的体が小さい子供にとっては重い荷物を長時間抱えて移動するのは大変ですよね。そこで今後リュック(ザック・バックパック)を購入する予定がある方へのアドバイスとして、少しでも参考になればと思い取り上げることにしました。


 リュックにあると体への負担が減る、便利な◯◯とは

結論から言うと『ウエストベルト』です。『ヒップベルト』『腰紐(こしひも)』と呼ぶ人もいます。登山用語では『ヒップハーネス』と言います。どの部分かは下記の画像を参照してください。

【参考画像 Amazonより】

 [プーマ] リュック アクティブガールズ SQ バックパック 74356 06 ネイビー(現行モデル)

参考画像:Amazonより[プーマ] リュック アクティブガールズ SQ バックパック 74356 06 ネイビー(現行モデル)

【Amazonでレビューや詳細を見る】

ちょっと街中を歩く時のお洒落用にデイバッグ・リュックを使う場合は、ウエストベルトを邪魔に感じて使わない人も割りと多いかと思いますし、そもそも小さめのバッグやリュックだとこの紐自体が付いていないデザインのものもあります。

しかし、実際に自分も試しましたがウエストがあるかどうかで体感する重みがかなり変わります。

 

何故ウエストベルトがあると軽く感じるか

このベルトがあると荷物の重さが肩だけでなく腰・骨盤にも分散されるため、無いものよりも軽く感じられます。また、ベルトを締めることで歩行中にリュック(の中の荷物)が左右に揺れるのを防ぎ重心も安定するため、体への負担が減ります。

荷物の量によっては更に安定させるため、チェストベルト(チェストハーネス、胸の所で締めるベルト)もあるタイプのリュックを選ぶと良いでしょう。

 

その他、リュックで疲れにくくするコツ・ポイント

ウエストベルト以外でリュックを選ぶ時や使う時のコツ・ポイントとしては以下のものがあります。

肩紐(ショルダーハーネス)は厚みや太さがあるものを選ぶ

肩紐(ショルダーハーネス):腕・肩を通す部分 は厚みや太さがあるものを選ぶと体へのフィット感が増して運ぶ時に安定します。

 

リュック本体と自分の背中に隙間が空かない

荷重が体から離れると重く感じるので、リュックと背中に隙間ができない様にフィットするものを選ぶと良いです。

 

荷物は軽めの物を「下」、重めの物を「上」に入れる

これは私も習うまで知らなかったのですが、理由は、重い物を下にすると腰に掛かる負担が増して疲労感も増えるからです。そのまま歩き続けると膝関節や足への負担も増してきます。

重い物をにして背中に荷物を近づけることで、歩行中に荷物に振り回されて足腰への負担が増すことを防ぐことができます。

身長が低い場合は一番上を重くするとふらついてしまうので、真ん中からやや上を重いものにすると良いでしょう。

 

あくまで体に合ったものを選ぶ

例えばデザインが好みでも体に合っていなければ思わぬ怪我に繋がったり、次第に使わなくなってしまったりしてしまいます。材質や形状など自分の体に合ったものを選ぶことが大切です。

ただ、友人が言っていましたが、「店によっても知識がある人とない人がいる。専門店はやはりしっかりした知識の人がいるけど、スポーツブランド全般を取り扱う店の中には、まれにそのスポーツ(彼の場合は登山)の専門知識に乏しい店員もいて、自分に合わない商品を買ってしまう恐れもあるからしっかり話を聞く方が良い」とのことでした。

ものにもよりますがメーカーの商品は安くはないもののあるので、後悔しないように一度試着に行ってからネット通販などで買う人も増えているようですね。


まとめ

今回はリュックのウエストベルトについてご紹介しました。

私もサッカー・フットサル用に使っているリュックはウエストベルトが付いていたのに今までその部分を使っておらず、友人に教えてもらってから使い始め、何故今まで使わなかったのかと後悔しました。

もしリュック自体にベルト自体がなくても単品で売っていたりするようですよ。

【参考画像 Amazonより】

【Amazonでレビューや詳細を見る】

記事の著者紹介
札幌在住、元・育成年代対象のコーチを12年間していました
より詳しくは☞プロフィール
他のサイトも運営中☞Teaching Others


※最後までお読み頂きありがとうございました!またいつもブクマやコメント、共有など応援して下さる方にも感謝です。励みになります!
※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。

 - 道具