サカボン

webで読むサッカーの本=サカボン:初心者からサッカー・フットサルを楽しめる情報配信

JJMIX北海道のイメージ動画を作成しました

      2017/08/13

jjmix ロゴ エンブレム

当サイトが応援している『JJMIX北海道』のイメージ動画を作成いたしましたので、動画及びJJMIXについてご紹介します。

JJMIXのイメージ動画について

動画は下記のFacebookページリンクよりご覧いただけます。約1分の動画なので気軽にご覧いただけます。

撮影にご協力頂いたスクールの皆様、ありがとうございます。

JJMIXでのスポーツを通じた兄妹の成長過程が見られる内容となっております。

どちらもすごくかわいくて微笑ましいです。

思わず笑顔になりますね。




JJMIXについて

JJMIXとは、NPO法人JJFC が主催するスポーツスクールの1つで、2歳から習い事として通える「多種目スポーツスクール」です。

公式サイト: JJMIX 公式HP ・特定非営利活動(NPO)法人JJFC 公式HP(共に外部サイト)

多種目スポーツスクールについて

いまいちピンと来ない方もいらっしゃると思いますが、他種目スポーツスクールとは1回の練習で「野球」「サッカー」「バスケット」など様々なスポーツをいっぺんに経験できるのが特徴のスクールです。

日によって練習内容や競技が変わるので子供達も毎回わくわくしながら通っているそうです。私が取材した日は、「バスケット」と「野球」を体育館で行っていました。

低年齢からスポーツを始めることについて

「小さい子にスポーツなんてできるの?」

とお思いになるかもしれませんが、そのままスポーツをやらせるのではなく小さい子用にルールや道具をカスタマイズしています。

例えば、ボールはぶつかっても痛くない素材でできていたり、ルールに関しても野球であれば「止まったボールをバッターが打って1塁まで走れたらOK」と言った具合に「低年齢児様の習い事」にカスタマイズされています。

また、シーンの都合でカットになりましたが、3才の女の子がゴールできる様に指導者がバスケット用ゴールを傾けて、ボールが入るまで何度もチャレンジさせていた場面が印象的でした。成功体験を積ませるという意図が伝わってきましたし、その女の子もとても喜んでいました。

他にも、指導者ができる限りしゃがんで子供達と目線を合わせていたりと細かな配慮が感じられました。我が子を見つめている保護者の方々も楽しそうでしたし、指導者を信頼していて、安心してお子様を預けている様子がうかがえました。

海外では割とスタンダードな多種目スポーツ経験

プロ選手を目指すため専門性を高めるのであれば特定の練習に特化する方が良い部分も多いですが、幼少期に様々なスポーツを経験するのは心身の育成に役立ちます。

  • スポーツによって使う体の部位が異なるため器用さの向上
  • スポーツごとに異なる仲間と接するのでコミュニケーションの向上

ヨーロッパでは曜日によって様々なスポーツをするクラブが数十年前から存在しています。

昔テレビで特集されたのを観た時は、フィンランドの女性が「今日は水泳で、明日はスキーなの」とそれぞれのスポーツを楽しんでいました。

日本でも増えつつある多種目スポーツ

日本でも文化庁が日本レクリエーション協会などを通じて、「総合型地域スポーツクラブ」として普及を図っていたりします。

こうした取り組みや、JJMIXの様に、「子育ての一環として、幼少期に色々なスポーツ・運動を習い事として経験させる」という流れは日本でも今後広まってくでしょうね。

子供の体力不足・運動能力の低下が国の調査資料でも度々取り上げられたりしますが、その歯止めに一役買う活動になるのではないでしょうか。

JJMIXや動画に関する補足

JJMIX及び動画にご関心を持たれた方は以下をご確認ください。

JJMIXに関するご質問は直接公式へお問い合わせください

私はJJFCの者ではないので、JJMIXにご興味のある方や体験希望の方は直接公式HPやFacebookページよりお問い合わせください。

札幌、及び近郊で動画作成の依頼があれば私にお問い合わせください

上記の動画を見て動画作成を依頼したい方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせください。正直「映像のプロ」ではありませんが、その分ご希望されるイメージに近づける様、親身な対応を致します。

 

それでは、また素敵な映像やイベントの話があればご紹介します!




 

記事の著者紹介
札幌在住、元・育成年代対象のコーチを12年間していました
より詳しくは☞プロフィール
他のサイトも運営中☞Teaching Others


※最後までお読み頂きありがとうございました!またいつもブクマやコメント、共有など応援して下さる方にも感謝です。励みになります!
※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。

 - ブログ , ,