サッカー選手の心

サッカー選手の心

トップ・一流と言われるサッカー選手は皆「自分で考える」

「サッカーにおいて自分で考えることの大切さ」についてお話しします。体格にそれほど違いはないのに同じ練習をしていても差が出るのは何故か?伸びる選手と伸び悩む選手の違いは?トップと言われる選手がどういった考え方、行動をするのかを体格や才能(サッカーセンス)以外の面から紹介します。
サッカー選手の心

試合に負けて泣くのは良い事?悪い事? U12バルサvs大宮から考える

「試合に負けて泣く」事についてあなたはどう思いますか? U-12ジュニアワールドサッカーチャレンジ2016決勝でバルセロナが大宮を下し優勝を飾りました。この試合後にバルサ選手たちが泣いている大宮の選手たちを気遣う振る舞いが話題になりました。
サッカー選手の心

感謝は大切だがリスペクトし過ぎないことも大切 その理由とは

サッカーではよく「リスペクト」(「尊敬」「配慮」)が取り上げられます。日本サッカー協会ではリスペクトF.C.ジャパンを設立してこの感覚を広めようとしています。しかし試合においては必ずしもプラスに働くとは限りません。ここでは選手としてのリスペクトについてお話します。
サッカー選手の心

サッカー選手に必要な「自立」の重要性

ここではサッカープレイヤー(選手)に必要な事として「自立の重要性」について解説します。自分で判断し行動できない選手が優れたプレイヤーにはなり得ません。また、名選手が酒や誘惑に溺れて破滅したケースは枚挙に暇がありません。今回は、特に子供の内から自立を意識する・させるにはどうすれば良いかをご紹介します。