ケガ

道具

怪我対策に冷却用アイスバッグ(氷嚢)を準備しておくべき

怪我の冷却や熱中症などの暑さ対策に1つはあると便利なアイスバッグ(氷のう)についてご紹介します
サッカー選手の体

大人になって改めて感じるアップとケアの重要性

「アップとケアの重要性」について様々な事例や実体験を交えてお話しします。「イメージに体が付いていかない」そう感じたことはありませんか?「30歳を過ぎると年1%筋肉量が減る」「1Kg体重増で膝への負担は3倍」など体が衰えているのに昔のままプレーすると思わぬ怪我につながります。
サッカー選手の体

HSP(ヒートショックプロテイン)で特別な道具を使わずに怪我予防する方法

今回は「怪我(けが)予防」に関するお話しです。あなたはHSP(ヒートショックプロテイン)をご存知でしょうか?市販のプロテインではありません。人体に備わっている自己修復機能を自然に高めることでサッカーの試合や練習での怪我予防に繋がります。ご自宅にお風呂があれば簡単にHSPを増やすことができます。→具体的な方法
サッカー選手の技術

脳を傷めないヘディングの練習方法

シェフィールド・ウェンズデイFC(イングランド)の選手によって発明されたヘディングは、サッカーにおける観客を魅了するプレーの1つです。しかしやり方によっては危険が伴うのも事実です。アメリカでは脳震盪などを懸念し10才以下のヘディングを禁止しました。 続き⇒
サッカー選手の体

【PRICE】ケガに対する応急処置の基本

ここでは応急処置の基本「PRICE」について解説します。元々は「RICE(ライス)」と呼ばれていた処置方法です。サッカーに怪我は付きものですが、怪我した直後の対応でその後の回復にも関わります。とっさに対応できるトレーナーや医師がいない場合などに備え覚えておくと良いでしょう。
サッカー選手の体

【運動音痴にならない!】コーディネーションとは

プレイヤー・選手としてサッカーの専門技術を学ぶ前に、その土台となる体の使い方をスムーズにする「コーディネーション」についてお話しします。人は五感からの情報を脳で処理し神経を通して筋肉に伝えます。この脳と体を繋ぐ「神経系」を意識して鍛える事(=コーディネーション能力の向上)でパフォーマンスも向上します。